AEDを価格で選ぶなら読んでおきたい基礎知識

AEDの耐用年数とメンテナンスについて

AEDの交換・廃棄

AEDには耐用年数というものがあります。AEDは消耗品であるため、使用できる回数や期間が決まっているんです。
では、AEDのメンテナンス方法や買い替えの時期などについて見ていきましょう。

AEDにメンテナンスは必要か

AEDにはメンテナンスが必要です。主な理由は、AEDは電子機器であるためバッテリーが必要になるからです。
そのため定期的に保守点検を行う必要があります。その際は、バッテリーだけでなく電極パッドが使用可能かどうか、そしてAED本体が起動するかどうかを確認します。

これらは自分でも説明書などに従って確認をすることが可能ですが、販売業者やメーカーによっては定期的に保守点検を行ってくれたりする場合があります。

AEDに寿命はあるの?買い替えや交換の時期について

AEDには耐用年数(耐用期間ともいう)が決められています。耐用年数とは、そのAEDが正常な機能や性能を維持し続けられる期間のことです。機器によってその期間は異なりますが、おおよそ6~8年のものが多いです。できれば、耐用期間が過ぎる前に買い替えや交換を検討することをおすすめします。

バッテリーに関してはスタンバイ状態で4年程度持つものが多いですが、こちらもバッテリーがどの程度残っているのかバッテリーランプなどを確認して、必要に応じて交換が必要になってきます。また、AEDで使用する電極パッドは1回のみしか使用できません。そのため、1度使用したら交換が必要になってきます。

販売業者やメーカーによっては、この電極パッドを無償で新しいものに交換してくれたり、仮に使用していなくても定期的に無料で交換してくれる場合があります。電極パッドだけでなくバッテリーの交換も無料で行っている業者もありますので、いくつかの販売業者を比較してみることをおすすめします。

使用後や廃棄時の対応は?

AEDの電極パッドは1回のみしか使用できないため、使用後は販売業者かメーカーに問い合わせて新しいものと交換をする必要があります。また、AED本体に関しては耐用年数を過ぎたら基本的には破棄するか販売業者などに回収してもらいます

AEDの設置場所に関しては、その情報を共有することで救命効果を高めることが大切です。そのため厚生労働省では、一般財団法人日本救急医療財団を通じて全国のAED設置情報を公開する取り組みを行っています。
そのため、AEDを設置した際に厚生労働省に届出を出している場合は、AEDを破棄したり譲渡する際にその旨を販売業者などに連絡をします。

      2017/07/25

 - AEDの救命率はどのくらい?意外と知られてない大切なこと